カテゴリ:管理人の独り言( 3 )

2012年 10月 08日
お参りに行きました
ご無沙汰しております。
長崎もようやく秋らしくなって来ました。

毎年、友人たちとはご命日近くにお参りさせて頂いています。
なかなか休みが合わないため、前もって日程を決めるのですが
梅雨の時期ということもあり、今年は悪天候のため延期しました。
9月のお誕生日月に、と決め直したのですがそれも台風で断念し、
先日やっと実現することが出来ました。

10月7日にお参りさせて頂いたのですが、その日は
「長崎くんち」という長崎の秋のお祭り(長崎市にある諏訪神社の秋の祭礼)が始まる日で
雨になることも多いのですが、今年は秋晴れのとても気持ちの良い日となり
道中の道は混雑もなく(お祭りは市内中心部なので郊外は空いているのです)
途中に見える海も碧く、本当に美しく輝いていました。



毎年、変わらないメンバーでお参りが出来ること。
あとりさんに会いに行くと、それが決して当たり前ではないんだということを
思い出させてくれるような気がします。
[PR]

by acryl_ak | 2012-10-08 09:45 | 管理人の独り言
2006年 12月 13日
ご無沙汰しております
大変ご無沙汰しております。
なかなか新しい記事が書けず、申し訳ございません。
年頭に「今年はみなさまに喜んで頂けるご報告を」と書き込みさせて頂いたにもかかわらず、
何もご報告出来ず、申し訳なく思っております。

せめて何か画像を、と思い、あとりさんが下さったお手紙の中にあったイラストをUPさせて頂きます。
ちょうどコミック文庫が発売になり、表題作にもなった「眠れない夜」の主人公たちです。

これは続編が描かれた頃のものですが、あとがきの代わりにあとりさんのコメントも
お楽しみ頂けたらと思います。是非大きくしてご覧下さい。
(デビュー当時、担当さんは男性だったのです!)



余談です。
三浦しをんさんのエッセイでのサイレントまんがですが、
「ああ、こういう感じ、彼女の原点だったなあ」としみじみ思いました。
セリフがなくても、ちゃんと起承転結があって、学生の頃、
4コマまんがなども描いていた、その頃のにおいを感じました。
本当に、彼女が楽しんで描いていたであろう光景が思い浮かぶようでした。
[PR]

by acryl_ak | 2006-12-13 12:40 | 管理人の独り言
2005年 08月 15日
お盆
管理人のいる地方は、「精霊流し」と言うイベントがあります。
見たことがない方は、さだまさしさんの歌のように
しっとりしたものを想像されるでしょうが、
実際は船を押しながら花火や爆竹をバンバン鳴らし、と、
結構にぎやかです。

そして、お盆の時だけは夜にお墓参りに行きます。
もちろん朝・昼に行く人もいますが、夜の方が圧倒的に多いです。
何故夜かというと、お墓で花火をするから、です。
(関東の人に話した時、ものすごくびっくりされたのですが、やっぱり
この地方独特なのでしょうか…。ただし、精霊流しも夜のお墓での花火も
仏教徒限定みたいですが…)
打ち上げ花火、手持ち花火、爆竹、子供たちがバンバンやってます。
お盆だけは、長崎の子供たちは騒音も煙も気にすることなく
ご先祖さまの前で花火を楽しみます。

あとりさんも、きれいな花火を見に戻って来られたでしょうか。
[PR]

by acryl_ak | 2005-08-15 23:50 | 管理人の独り言